犬の幼稚園に通わせるメリット3つ

みなさん、「犬の幼稚園」という言葉を聞いたことがありますか?

近年、少しずつ増えてきているので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
「犬の幼稚園」はその名の通り、犬が通う幼稚園です。
朝、飼い主様が愛犬を幼稚園に連れていき、夕方お迎えに行く。その間、愛犬は他の犬と遊んだりトレーナーさんとトレーニングをしたりお散歩をしたりして過ごします。

実は我が家の愛犬も1年半、犬の幼稚園に通わせていました。周りからは、「自分がトレーナーなのになぜ幼稚園に通わせるの?」とよく言われましたが、私は犬の幼稚園でしか学べないことがあると思っているので、迷わず通わせました。

そして、もっともっと犬の幼稚園がメジャーになり、たくさんの犬が通えるような社会になったらいいなと思っています。

今回は、「犬の幼稚園」に犬が通うメリット3つをお伝えします。

 
 
 

自宅以外の環境で過ごすことで社会性がつく

まず一つ目はこれです。犬がこれから人間社会で暮らす上で一番大切なのは「社会化」です。

社会化とは、犬がこれから生きていくうえで出会うであろう「人、物、音、動物、環境」などに慣らしてあげることです。慣らしてあげることで、新しいものに出会った時の不安感や恐怖感を事前に取り除いてあげることが出来るので、犬がより生きやすくなるということですね。

犬の幼稚園では、自宅とは違う場所で、飼い主様とは違う人達と犬に囲まれ1日を過ごします。
自宅以外で様々な経験をしていくことで犬の社会性が身につき、飼い主さんがいなくても楽しく過ごせたという経験が自信に繋がっていきます。

人間の幼稚園と同じく、自立心を育てたり、犬同士のコミュニケーションを学んだり出来るとても貴重な場所です。

 
 
 

愛犬の新しい一面を発見できる

二つ目はこちらです。
みなさんは愛犬と毎日どのような時間を過ごしているでしょうか。
朝起きて、お散歩に行って、ご飯をあげて、家の中で遊ぶ。それぞれにかける時間はご家庭によって違うと思いますが、大体このような毎日を過ごされていると思います。

そうすると何が起こってくるか。

飼い主様の愛犬に対しての固定概念が強くなってくる傾向があると感じています。

「散歩中に他の犬に吠えるからうちの子は他の犬が嫌い。」
「家の中で暴れているからうちの子はいたずらっ子」
「家でずっと私にくっついているから私がいないとパニックになるかも」

しかし、これらは同じような場所で同じようなスケジュールで暮らしている愛犬しか見ていないからです。

散歩ではなく、リードがついていないと他の犬に吠えない子もいます。
飼い主さんがいなくても楽しそうに過ごす子もいます(ちょっと寂しいですけどね。笑)
家以外ではとっても落ち着いて過ごす子もいます。

愛犬を別の環境で観察すると、飼い主さんが思っていたこととは違う一面を見ることが出来ます。

これはとても大事なことです。

飼い主様の思い込みから犬の行動を制限してしまっていることがあるので、犬の幼稚園などで新たな愛犬の一面を教えてもらうと、飼い主様の固定概念が外れて愛犬のいろんな側面を発見できるようになります。

 
 
 

いざという時に安心して預けられる場所になる


三つ目はこちらです。
飼い主様が一番求めている場所といっても過言ではないでしょう。

愛犬のために、出来るだけ家を空けないように努力されている飼い主様も多いと思いますが、どうしても家を空けなければいけない時は必ずあります。

例えば冠婚葬祭などは、長時間留守になることが多いですよね。

そんな時に、後ろ髪をひかれる思いでペットホテルや動物病院に預ける方もいらっしゃると思いますが、犬の幼稚園に通っていれば、そんな時にも安心してお任せが出来ます。

通いなれた幼稚園で大好きな先生や他の犬たちと楽しく過ごしながらお留守番をしてもらえたら、非常に安心ですし愛犬もHAPPYです。

このように、犬の幼稚園は愛犬にとっても飼い主様にとってもメリットがたくさんあります。まだまだ地方には浸透しておらず少ないのも現状としてはありますが、もし今住んでいる地域に犬の幼稚園があるのであれば、一度検討されてみてはいかがでしょうか。